ラテックスインクジェットでターポリン印刷
by DECO管理人
ラテックスインクジェットを使って印刷しております。
印刷のメディアは糊付き塩ビシート、ターポリン、ユポ紙になります。

ラテックスインクジェットは温度設定が重要です。

デザインの内容、メディア、季節によって温度調整して印刷しております。

今回はターポリンの印刷で黒色のベタがありました。
黒は比較的乾きの早い色です。

赤や緑は乾きの遅い色なので、色と色の境目には注意が必要です。

そのため、今回は通常の黒を印刷するときよりも若干温度上げております。

夏場はあまり温度を上げすぎるとヘッドの温度が高くなり目詰まりの原因にもなります。
インクの乾燥状態を確認が必要です。

ラテックスインクは水性ベースで環境にやさしいインクです。
こちらでも使用しているユポ紙はノンコートのユポ紙ですが、印刷可能です。

印刷スピードが遅いのが難点ですが、
使い方によっては色々なメディアに印刷できると思います。

|| 17:43 | comments (0) | trackback (x) | ||
レーザー彫刻時でここだけは確認すること
by DECO管理人
ヒノキを使ってレーザー彫刻で木製名札を製作しており、
月に何社かは新規でご注文を頂いております。

データを頂いたり、こちらで製作したりするのですが、
ロゴマークを名札に入れるときは注意しております。

元々、名札なのでサイズが小さいのですが、
彫刻する文字やロゴはミリ単位の大きさになることもよくあります。

レーザー彫刻する前にデータを何度も確認します。
線の太さが重要です。

今回は直径約10mmくらいのロゴマークがありました。
線の太さは0.1mmくらいになります。
綺麗に彫刻するには事前に線の太さを調整したり、テスト彫刻して出来上がりを確認します。


画面上では拡大すれば細い線も存在するのですが、
実際に製作すると焼き潰れたりもするので微妙な調整が必要です。

レーザーの焦点、パワー、スピード、解像度の4つを調整してレーザー彫刻を行います。

木製名札を製作するときはこの4点とデータを確認してから製作をしております。


お客様が名札をご注文されるときの注意点は、
追加注文が発生したときに1個でも製作してもらえるが事前に確認した方がいいと思います。


日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/

|| 13:10 | comments (0) | trackback (x) | ||
ターポリンを捨て看板の木枠につける方法
by DECO管理人
捨て看板はターポリンを印刷したあとに木枠にタッカーでとめて仕上げます。
木枠の裏面まで巻き込めるようにターポリンをカットしているので、
引っ張りながら裏面でタッカーをとめます。


出来るだけ等間隔でとめた方が綺麗に仕上がります。


木枠とターポリンの位置を決めて上、下、左右の順番でとめていきます。
幅広タイプの捨て看板も基本的には同じです。ちょっとだけタッカーでとめる数が増えます。

生地がターポリンなので結構丈夫です。
木枠も節がないものを使用しておりますので、
使用期間によってはまだ使えることもあります。

ご自身で張り替えを行うときにタッカーがない場合は画鋲でもとめることが可能です。

|| 18:09 | comments (0) | trackback (x) | ||
ユポ紙のラミネート加工
by DECO管理人
ユポ紙にラミネート加工するときは、
ラミネートの幅とユポ紙の幅が違うので
ローラーの圧と送りのスピードを少し調整しております。

ユポ紙は厚さも薄いので少しだけ圧を強くしており、
送りのスピードも少し遅めで行っております。

ラミネートが印刷したユポ紙に綺麗に密着するためなので、少し時間がかかります。

ユポ紙は水に強く、やぶれにくい材料なので紙にくらべ長く使用できるのですが、
インクが色あせると意味がありません。
こちらでは中期用のUVカットラミネート加工を行って長く綺麗な状態で使用できるように仕上げております。


日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/

|| 15:52 | comments (0) | trackback (x) | ||
アルミ複合板看板の発送時の梱包
by DECO管理人
大きいサイズのアルミ複合板看板を発送するときは
とくに気を付けて梱包しております。
あと1人で持てることも条件にあります。

運送会社とサイズを決めているため、
サイズ内でしっかりした梱包をする必要があります。

今回は900×1800サイズのアルミ複合板看板でしたので、
長い辺には木の入れております。
看板が曲がったり、角がへこまないようにするためです。

梱包も大事なお仕事なので、ある程度は時間をかけております。

運送会社のドライバーの方々が替わりに運んで下さるので、
出来るだけ安心して運べるようにしております。

看板はサイズや枚数によって梱包サイズが変わるため、
毎回サイズに合わせて大きいダンボールを切っております。

大きいダンボールは材料屋さんで使い終わったものを分けてもらっております。
再利用できるものはもったいないので捨てずに保管してます。

お客様の手元に無事に着くように梱包も丁寧に行うよう心がけております。


日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/

|| 19:09 | comments (0) | trackback (x) | ||
木製名札の発送時の梱包
by DECO管理人
木製名札の製作をしました。
名札は少ない個数を製作することが多いです。
発送はネコポスを利用しております。

ネコポスは角形A4サイズで厚さ25mmまでは全国一律の価格で発送できます。
ポスト投函になります。

そのためどんな感じで運ばれるか分からないため、
余ったPPシートをダンプラで箱を作って送っております。

最後に梱包材を入れてフタをします。

梱包後は封筒に入れて発送です。

この状態であれば封筒がやぶれても中身は大丈夫です。

低価格で発送できるので、役に立っております。

名札もレーザー加工で製作ですが、
梱包用の箱も名札のサイズと個数に合わせてレーザー加工機で製作しております。

|| 16:22 | comments (0) | trackback (x) | ||
木製プレートの仕上げ方
by DECO管理人
レーザー彫刻で製作している木製名札や木製プレートは
仕上げに透明のステインを塗っております。


透明にしているのは木の自然な感じを残すためです。
屋外用の水性ステインを使用しております。

周囲と表裏の全面に筆で塗っていきます。
ステインは薄くすることなくそのまま使用できるものです。

木に浸み込ませるようにうすく塗っていきます。
大量につけるとムラになったりもするので、
少しずつ塗っていきます。

筆は毛先がナイロンものを使っております。

ステインは撥水、防カビなどの効果あるので、
少しくらいであれば水に塗れもはじきます。
乾きもそこそこ早いので使い勝手はいいです。

|| 16:16 | comments (0) | trackback (x) | ||
工事用イラストをイラストレーターのデータに
by DECO管理人
今回は使用している看板に付いてるイラストをイラストレーターで制作しました。
看板のイラスト部分を写真で送って頂いきました。

写真をイラストレータに配置して、
パーツごとに輪郭をとってきました。
これで拡大して印刷しても綺麗なイラスト印刷できます。

ちょっと手間のかかる作業ですが、
画像が荒いイラスト使って印刷すると気持ちが下がるので
出来る限りのことは行います。

お客様喜んで頂ければそれで十分です。

ロゴデータや今回のようなイラストは無料でデータ制作しております。
もちろん注文して頂ければです。

どうしても写真や荒い画像から制作していくので、
細かな部分や色はこちらで調整しております。

オリジナルのデザインで製作する看板やポスターなどは、
既製品くらべて価格が高く感じると思います。
お客様の希望にそって製作しているので満足できるものになると思います。

|| 17:16 | comments (0) | trackback (x) | ||
2018九州印刷情報産業展にいきました。
by DECO管理人
毎年行われている印刷関係の展示会です。
今年も行ってきました。

正直言って感想は「残念」でした。
本当は写真を撮る予定でしたが、やめました。

展示会なので全体的に華やかな感じがほしいです。
サンプルなども展示しておりましたが、
驚くようなものはあまりありませんでした。

もう少し、派手にやって頂きたいです。
来年は期待しております。

|| 19:24 | comments (0) | trackback (x) | ||
捨て看板の梱包
by DECO管理人
捨て看板は長辺が180cmあるので、
運んでもらえる運送業者さんも少ないです。

運送業者さんも丁寧に運んでくれていると思いますが、
長いのでぶつけたりすることもないとは言えないです。
簡易的な梱包では心配です。

こちらでは捨て看板の梱包は、
最初に足の部分を紐で結んでから、
紙で巻いて最後に梱包材で包んでおります。

角部分は布テープをとめているので、梱包材が破れにくいようにしています。

この梱包にしてからは破損などがなくなりました。

一番は運送業さんが丁寧に運んでいると思います。
こちらも運送業者さんが心配しないような梱包を心がけております。

梱包も大事なお仕事なので丁寧に行っております。

|| 17:11 | comments (0) | trackback (x) | ||