ターポリンを捨て看板の木枠につける方法
捨て看板はターポリンを印刷したあとに木枠にタッカーでとめて仕上げます。
木枠の裏面まで巻き込めるようにターポリンをカットしているので、
引っ張りながら裏面でタッカーをとめます。


出来るだけ等間隔でとめた方が綺麗に仕上がります。


木枠とターポリンの位置を決めて上、下、左右の順番でとめていきます。
幅広タイプの捨て看板も基本的には同じです。ちょっとだけタッカーでとめる数が増えます。

生地がターポリンなので結構丈夫です。
木枠も節がないものを使用しておりますので、
使用期間によってはまだ使えることもあります。

ご自身で張り替えを行うときにタッカーがない場合は画鋲でもとめることが可能です。

捨て看板の価格は下記のホームページに掲載しております。
https://serigraphie.storeinfo.jp/

日々の製作内容は下記に掲載しております。
https://serigraphieblog.shopinfo.jp/
| 捨て看板 | 18:09 | comments (0) | trackback (x) |
コメント
コメントはありません。
| | URL | | |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
<< 01 - 2019 >>
TRACBACK
OTHERS